大事なのは、いじめの予防と、いじめを発見し、被害者を保護していくことだと思います。こうした子ども...

Home > 募集テーマに対するご意見・ご感想紹介 | 未分類 > 【会社員、31歳。今もいじめの経験に苦しむ方より】大津いじめ自殺事件への意見投稿 

a0022_000078_m
【会社員、31歳。今もいじめの経験に苦しむ方より】大津いじめ自殺事件への意見投稿 

大津の中学2年男子生徒のいじめ自殺事件について、
会社員のtakeさんよりご意見を頂きました!
4人目の投稿になります。

本記事を投稿頂きましたtakeさんへの御礼とご連絡

ご意見いただきありがとうございます!
takeさんよりは少し年下ですが、僕も同じ会社員です。

学校や教育委員会ではなく、僕ら一人一人大人が自覚を持って、
この社会や子どもたちの未来を真剣に考えていければと本当に思います。

一部、句読点の位置、漢字変換の統一性、主語目的語等のSVOCの補足、修飾語句の位置、
ブログ記事のため改行のバランス感などは、恣意的に変更しておりますのでご了承ください。
なお、投稿主様の記事の編集依頼は受け付けておりますので、
加筆修正事項あれば、またご連絡頂きますようお願いいたします。

会社員、31歳。今もいじめの後遺症に苦しむ僕

滋賀県大津市の市立中学2年の男子生徒がいじめを苦に自殺した悲しい事件で、
滋賀県大津市の市立中学や教育委員会が
その問題を隠蔽してきたことについて非常に残念でかつ、
憤りを感じております。

過去いじめに苦しんだものとして、この出来事を見過ごせません。
子供の未来を守るために少しでもお役に立てればと思い、
ここに僕の意見を述べさせて頂きたいと思います。

僕のいじめ体験

僕は、中学2年と高校2、3年といじめを受けました。
当時のいじめの傷は、31歳になった今も残っており、
昨日その傷を癒すためのワークを2万円かけて行ってきたばかりです。

現在そうしたいじめの傷の治療のために、僕は会社を1年休職しており、
今まで治療にかけた金額は数十万円、いや、数百万円にのぼると思います。

いじめの特徴は、いじめを受ける期間は長期化するということにあると思います。

かつ、いじめによる傷とは人権侵害です。
だから、自分の人格を否定される傷が、深く根強く被害者の心に残ります。
ですので、その傷は学校を卒業して社会人になっても、
依然として残ってしまいます。

いじめによる被害は在学中に留まらず、学校を卒業してもなお続くのです。
それほどまでに1人の人生を狂わせる”凶悪犯罪”を、野放しにしないでください。
見過ごさないでください。これが、いじめを体験した僕の率直な想いです。

いじめられるのは恥ずかしいという誤解

僕は、いじめを受けた当時はいじめを受けることを”恥”だと誤解していたために、
親や教師に助けを求めることができませんでした。

いじめの傷の治療でそのことを振り返り、
当時、本当は親や教師といった大人に保護を求めることが解決だったと思っていました。
ところが、この大津の中学生いじめ自殺事件を知り、大人に保護を求めても、
それでも解決しないケースがあると分かり、失望感を覚えています。

今一番心配しているのは、今現在いじめに苦しむ子どもたちのことです。

滋賀県大津市の市立中学や教育委員会が、いじめを見て見ぬふりし、
いじめを苦に中学生が自殺した後も、
そのいじめ自体やアンケート結果などの隠蔽を行っています。

こういう大人の言動が、
その学校に通う生徒のみならず、報道で事件のことを知る子どもたちにとって、
教師や学校に対する不信感を強くしてしまうことを強く危惧しています。

いじめは、被害者が自分で解決することは、絶対に無理です。
だから、必ず大人に保護してもらう必要があります。

しかし、その保護を求めるべき教師や学校が、
子どもの人権を守る義務を放棄している現状では、
一体誰に助けを求められるでしょうか!?

そういう現状を絶望的に思って、
今もいじめに苦しむ学生達が自殺を考えてしまわないかと、本当に心配です。

いじめの発生をこの世から根絶することは不可能です。
だから、今現在も、そしてこれからも
いじめは発生し続けるのだと思います。

大事なのは、いじめの予防と、いじめを発見し、
被害者を保護していくことだと思います。

こうした子どもの人権を守ることは、大人の”義務”だと思います。
それができないならば、教師をやる資格は無いと思います。
今現在教育現場で働かれている方々が、
きちんと大人の”義務”を果たして下さることを強く望みます。

今現状僕が思いつく限りの、いじめ予防、発見、解決に向けた案を以下に記します。
子どもたちの未来を守るお役に立てれば幸いです。

いじめ防止対策案1.<教師の評価基準見直し>

教師の評価が、いじめの数が多いと下がるという評価基準は、
おかしいと思います。
いじめは発見しにくい特性があるため、
本来いじめを発見することはお手柄であり、
いじめ解決の第一歩のはずです。

本来いじめの解決は教師の”義務”なので
評価でつるのはおかしいですが、
現状の評価基準よりはましかと思い、提案します。
いじめ発見数により評価を上げることと、
その解決により更に評価を上げる。

そうした評価基準なら、
教師がいじめを隠蔽しようとすることも少しは減るのではないでしょうか。

いじめ防止対策案2.<いじめ防止の道徳教育>

僕は、いじめられる事は”恥”だと誤解していたので、
いじめを受けた当時親や教師に保護を求めることができませんでした。

被害者がSOSをいつでも出してあげられるようにするために、
そうした誤解を無くすことがまず必要だと思います。

それから、いじめの構造として加害者、加担者、傍観者といったものがあります。
それぞれの立場に置かれた場合どうすればいいのか、
そういったことを教育することも、いじめ発見の道筋を作ることにもなると思います。

そうしたいじめに関する知識や、いじめ発生時の対処や、
そもそもいじめが何故いけないのかということに関する教育をすることが、
いじめの最大の予防につながると思います。

<いじめ禁止の校則>

バイトやケンカを校則で禁止するなら、
いじめも禁止すべきだと思います。

そして、いじめを行った、あるいは加担した生徒は、
休学処分1カ月等の罰則を設けることも有効かもしれません。

しかし、いきなり罰則を与えると少し厳しすぎるかも知れないので、
最初は警告して経過観察し、それでもいじめが再発すれば
罰則を与えるなどという工夫がいるかもしれません。

そういう罰則を設けることが、いじめを予防する抑止になる可能性があると考えます。

<いじめ=犯罪という刑法を定める>

いじめに対する罪意識が余りにも低すぎると思います。
いじめは人権を侵害する行為であり、
手口によっては暴力や器物損壊なども加わる”凶悪犯罪”です。

しかも、その行為は長期に渡るため、
被害者に与える損害は相当なものとなります。
そして、最悪の場合、被害者は自ら命を絶ちます。

こうした事を鑑みると、いじめは”凶悪犯罪”であり、
それ相応の刑罰を設けた刑法を定める必要があると思います。

少年法があるから、
こうした刑罰が学校におけるいじめの加害者に適応されることは無いですが、
いじめは学校のみならず社会でもあります。
それに、こうした刑法を定めることが、
いじめに対する罪意識を高めることになるのでは無いかと思います。

編集長より

いじめを実際に体験した会社員の方からの投稿を頂き、
本当にまざまざと被害は自殺まで至らなくとも、

その人生を時間、お金など含めて大きく狂わせるのだと実感しました。

引き続き、皆様からのご意見、ご感想などお待ちしております。
ぜひご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

大津いじめ自殺事件のご意見;ご感想を募集しています

以下より、投稿をお願いいたします。
モバイルからの投稿が非常に多くなっています。
1-3行程度でも構いませんのでぜひお気軽にお願いします!
投稿時のフォームにあります、『タイトル』や『肩書』は、テキトーで構いませんので、
皆様からのご意見・お怒り、悲しい気持ちをお待ちしております。
何とか埋没することなく、ためていきたいです。

【ご意見募集中】大津、中学2年生(13歳)、いじめによる飛び降り自殺。

今までに投稿頂いた皆様のご意見・ご感想は以下です。

【腐った学校だ。】大津いじめ自殺事件への意見投稿
【元教員主婦の方】大津いじめ自殺事件への意見投稿
【自営業、4児の母より】「今後につながるように」大津いじめ自殺事件への意見投稿です。

共有する
このエントリーをはてなブックマークに追加
blog comments powered by Disqus

Home > 募集テーマに対するご意見・ご感想紹介 | 未分類 > 【会社員、31歳。今もいじめの経験に苦しむ方より】大津いじめ自殺事件への意見投稿 

はじめまして。丸田勝也/ここおる編集長です。このサイトは、私が命を懸けて取り組みたいと考えているものです。いったい私が世界に対してどのように貢献できるのか、最大付加価値はいったいどの分野なのか、まだまだ模索中の段階ではありますが、このサイトは最初の取り組みです。ぜひ今後とも、本サイトの方針、運営に対してなどご意見・ご感想等お待ち申し上げております。@cocooru @katsuyamaruta

ここおる編集長丸田勝也の俺の考え
フィード

Return to page top